配色パターン

パンフレット作成の配色パターンの効果

パンフレット作成するときにデザインを考えるポイントとして配色パターンというものがあります。
パンフレット作成のときに、どの色をどうやって使用するかにより、パンフレットを読む方が受ける印象は全く違ってきます。

色は文字や人物、画像といったものよりも早くパンフレットを見た方に印象を残します。
文字が判読できないほど遠い距離からでもパンフレットの色については判別できます。
このように配色パターンを決めることは非常に大切で、パンフレットを読む方に与える印象に影響を与えます。

一般的に赤い色をベースにした配色パターンは訴える力が強く、とても目立つ配色になります。
そのため赤い色をベースにしたパンフレットはたくさんあります。
そのため、どの配色にするか決め手がない場合は、とりあえず赤い色の配色にしてみる方法は良い方法の一つです。

そして、赤い色の配色は食べ物に関係する商品のパンフレット作成のときに、よく採用されます。
赤い色の配色はフレッシュなフルーツや野菜を思い起こすことができるため、パンフレットの読み手の食欲を本能的にかき立てることができます。
そして、赤い色は愛情や情熱を示す色としても知られていて、ハートのマークを赤い色で表すことが多くなっています。

このため女性のお客様をターゲットにした商品やサービスのパンフレット作成に使用することが多い色になります。
とはいえ男性のお客様をターゲットにした商品やサービスのパンフレット作成に使ってみても不自然さがなく、様々なターゲットのお客様に使用できる色です。

青い色をベースにした配色パターンは食欲が湧かない色ということで食べ物を扱うパンフレットに使われることがほとんどなかった時期もあったのですが、逆転の発想で、あえて使われない配色をパンフレットに使ってみると目立つのではないかという戦略であえて青い色を使っている企業も徐々に増えています。
青い色にはパンフレットの読み手に冷静さや、堅実さという印象を与えるころができるので、頻繁にビジネスに関する商品やサービスのパンフレットに採用されています。
医療分野や教育関係の分野などのパンフレットにも適している配色になります。

黄色をベースにした配色パターンは鮮やかで朗らかな印象を与える配色になります。
子供をターゲットにした商品やサービスのパンフレットや、ポップな印象をパンフレットの読み手に与えたい場合など、様々な用途に使用できる配色になります。

そして、黒と黄色のストライプは警戒を意味する色として、よく認知されています。
人が本能的に怖さを感じ取る模様であり、怖さを回避することが購入動機となる商品やサービスなど応用的な使用方法としても選ばれています。”

Copyright© 2016 パンフレット作りはこれさえ覚えていればオッケー All Rights Reserved.